読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しっぽを追いかけて

ぐるぐるしながら考えています

Unity と猫の話題が中心   掲載内容は個人の私見であり、所属組織の見解ではありません

HoloLens 用 Toolkit で視線追従カーソルを表示する

AR HoloLens Unity VR Windows 10 Windows ランタイムアプリ

※ これは 2016/08/05 Unity HoloLens Technical Preview ver.5.4.0f3(Windows版) 時点の情報です

最新版では動作が異なる可能性がありますのでご注意ください

前回 は HoloLens 用の Toolkit を Unity パッケージ化したので、今回はさっそくこの Toolkit を利用してみたいと思います

まずは適当に Unity の 3D プロジェクトを作成して前回作成した Unity パッケージをダブルクリックでインポートします

インポートが終わったら、[HoloToolkit]-[Configure]-[Apply HoloLens Project Settings] メニューを実行して Unity Editor を一度再起動します

そのあと、[HoloToolkit]-[Configure]-[Apply HoloLens Scene Settings] を実行します・・・これで HoloLens 用のシーン設定はOK

f:id:matatabi_ux:20160820145337p:plain

次に Hierarchy 上に空の GameObject を追加し、名前を「Managers」などとつけます

f:id:matatabi_ux:20160820150122p:plain

ユーザーの視線に追従するため、追加した「Managers」GameObject に Scripts/HoloLensToolkit.Unity 直下にある GazeManager をアタッチします

f:id:matatabi_ux:20160820150743p:plain

さらに視線位置をわかりやすくするため、HoloToolkit についてくるデフォルトのカーソルプレハブ(再利用可能な GameObject)を追加します

Project ビューで Assets/HoloToolkit/Input/Prefabs フォルダを開き、Cursor プレハブを Hierarvhy ビュー上にドラッグドロップします

f:id:matatabi_ux:20160820151307p:plain

ちなみにデフォルトのカーソルはこんな見た目です

f:id:matatabi_ux:20160820152636p:plain

Cursor GameObject を見るとわかりますが、アタッチされた CursorManager の CursorOnHolograms や CursorOffHolograms に差す GameObject をへんこうすることで、カーソルの見た目はカスタマイズできるようです

あとはユーザーの視線が当てる対象を追加します

Hierarchy 上に 3D Object の Quad を追加して名前を Panel などと変更します

f:id:matatabi_ux:20160820153445p:plain

Panel の座標は原点だとユーザーの立ち位置とかぶってしまうので、ひどまず少し奥に配置するため x=0, y=0, z=3 (m) にしておきます

f:id:matatabi_ux:20160820154135p:plain

ちなみに Panel の Layer を Ignore Raycast にすると視線があたっていても無視されるようになるので注意ください

f:id:matatabi_ux:20160820154437p:plain

さてここでビルドして HoloLens エミュレーターで動作確認

f:id:matatabi_ux:20160820154949g:plain

Panel に視線があるときだけカーソルの表示が変わりました!

かんたんにできましたね