読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しっぽを追いかけて

ぐるぐるしながら考えています

Unity と猫の話題が中心   掲載内容は個人の私見であり、所属組織の見解ではありません

UWP 用の広告 SDK がユーザー行動分析と合体して新 SDK になるらしい

今までは 広告は Microsoft Universal Ad Client SDK を使っていたわけですが、新しい SDK に統合されるみたいです

いまはまだ大きな API 更新は予定していないけれども 2016年6月には SDK 自体を更新して GA 版としてリリースする計画みたいです

いままでと何か変わったのかな?ととりあえずインストールしてみると

f:id:matatabi_ux:20160420051055p:plain

追加できる拡張ライブラリに「Microsoft Store Engagement SDK」というものが増えていました

これは以前 Azure の Mobile Engagement Service で提供されていたユーザー行動分析のサービスをストア機能に統合する感じでしょうか

とりあえずざっと見た感じ A/B テストができるようになるみたいですね

f:id:matatabi_ux:20160420051930p:plain

上記ドキュメントページの説明 を見る限り、もともとの広告仲介ライブラリは変わらず内包され、 Microsoft Advertising SDK for XAMLMicrosoft Advertising Universal SDK を参照することになるみたいです

・・・今のところは

今後は広告ライブラリも更新されユーザー行動分析の連係機能追加なども予定しているのでしょうか

とりあえず A/B テストは試してみたい