しっぽを追いかけて

ぐるぐるしながら考えています

Unity と猫の話題が中心   掲載内容は個人の私見であり、所属組織の見解ではありません

Blender で表面に判を押したように切り込みを入れる

※ これは 2017/05/19 Blender ver.2.79a 時点の情報です

最新版では動作が異なる可能性がありますのでご注意ください

2019年に新型 HoloLens が出るよ、という情報がありましたが・・・ちょっと遠い

というわけでとりあえずまたも Blender の勉強

f:id:matatabi_ux:20180615231242p:plain

今回は「ナイフ投影」という判を押したように切れ込みを入れる機能を試してみます

やり方は切り抜く形、切り抜き先の順に Shift + 右クリックで複数選択した状態で、TAB キーで編集モードに切り替えたのちに「ツール」タブから「ナイフ投影」を選べばできます

f:id:matatabi_ux:20180615231500g:plain

手前から奥に向かって画面に映している方向に切り込みを入れるので、事前に テンキーの 7、5 を押すなど、しっかり重なるようにしておくのがポイント

この機能はなかなか応用がきいてすばらしいですね