しっぽを追いかけて

ぐるぐるしながら考えています

Unity と猫の話題が中心   掲載内容は個人の私見であり、所属組織の見解ではありません

Unity でアメリカンクラッカー的なものを作る

※ これは 2018/09/28 Unity 2018.3.0b3 時点の情報です

最新版では動作が異なる可能性がありますのでご注意ください

前回は Unity で振り子に軌跡をつけてみました

今回はこれを発展させて下記のようにアメリカンクラッカー的なものを作ってみたいと思います

f:id:matatabi_ux:20180929170949p:plain

まずは Hierarchy ビュー上で Ball と Pivot を Ctrl を押しながらマウス左クリックで複数選択後、右クリックメニューから Duplicate で複製します

f:id:matatabi_ux:20180929171120p:plain

もともとあった Ball と Pivot はそれぞれ Ball (R)、Pivot (R) に、複製した Ball と Pivot はそれぞれ Ball (L)、Pivot (L) に名称変更します

f:id:matatabi_ux:20180929171235p:plain

さらに Ball (L) の x 座標を -1.3 に変更

f:id:matatabi_ux:20180929171425p:plain

Pivot (L) は x 座標 0.3 に変更します

f:id:matatabi_ux:20180929171455p:plain

さてこれで動かしてみたら・・・

f:id:matatabi_ux:20180929171519g:plain

・・・うまくいきません!Ball 同士がぶつかった後に止まってしまいました

ボール同士を衝突後反発させたい!・・・ということで物理計算用のマテリアルを追加します

Project ビューから Assets 直下で右クリックメニューを開き、[Create] - [Physic Material] を選びます

f:id:matatabi_ux:20180929172026p:plain

作成されたマテリアルの名前は Bounce にし、Bounciness に 1 を指定

f:id:matatabi_ux:20180929172017p:plain

こちらをそれぞれの Ball の Sphere Colider の Material にドラッグドロップで設定します

さてこれでもう一度実行します

f:id:matatabi_ux:20180929172139g:plain

今度は思い通りにいきました

わかりやすくするために Pivot を2つに分けましたが、気に入らない場合は重ねたりしてもよさそうです