しっぽを追いかけて

ぐるぐるしながら考えています

Unity と猫の話題が中心   掲載内容は個人の私見であり、所属組織の見解ではありません

Unity で振り子をつくる

※ これは 2018/09/07 Unity 2018.2.6f1 時点の情報です

最新版では動作が異なる可能性がありますのでご注意ください

HoloLens の機能アップまだー?という感じですがまだまだっぽいので、その日に備えて Unity の 3D であれこれやってみようと思います

とりあえず振り子運動、これをやってみます!

Unity を起動し適当な 3D プロジェクトを新規作成したら、Hierarchy ビューの右クリックメニューから Sphere を2つ作ります

f:id:matatabi_ux:20180907212735p:plain

[3D Object] - [Sphere] ・・・真っ白な球ができました

1つを Ball、残りの1つを Pivot と名前変更

Ball を選択して Inspector ビューでこんな感じに設定します

f:id:matatabi_ux:20180907212942p:plain

座標と大きさを調整、物理運動を付与する RigidBody を追加しただけです

さらに Pivot の方も選択して設定

f:id:matatabi_ux:20180907213112p:plain

こちらも座標と大きさを調整、RigidBody を追加するのに加え、ヒンジで物体同士を結合させたような制約を加える Hinge Joint というコンポーネントも追加

先ほどと異なり Rigid Body は Is Kinematic にチェックを入れ動かないように固定します

また HInge Joint の Connected Body には先ほどの Ball を Hierarchy ビューからドラッグドロップして設定し、Anchor、Axis を調整

Edit Joint Angular Limits ボタンを押下するとこんな感じに可動イメージが表示されました

f:id:matatabi_ux:20180907214150p:plain

ここまでやったら Main Camera の位置を適当に調整し実行!

f:id:matatabi_ux:20180907214310g:plain

まさに振り子!ノンコーディングでかんたんにできましたね