しっぽを追いかけて

ぐるぐるしながら考えています

Unity と猫の話題が中心   掲載内容は個人の私見であり、所属組織の見解ではありません

MMD モデルに MRDesignLab の BoundingBox を表示する

※ これは 2017/10/21 MixedRealityToolkit-Unity for Unity 2017.2.0f3 時点の情報です

最新版では動作が異なる可能性がありますのでご注意ください

とりあえず MRDesignLab のサンプルが動いたので、MMD モデルに BoundingBox を表示させてみたい

というわけで強引に利用してみるお試し

まずは動いたサンプルから MRDesignLab のディレクトリと MRDL_ControlsExample/Fonts ディレクトリをサーバルちゃんを動かしていたプロジェクトの Assets フォルダにコピーします

f:id:matatabi_ux:20171106215937p:plain

次にこれまで Mixed Reality Toolkit で追加していた DefaultCursor、MixedRealityCameraParent、InputManager をさくっと削除します

f:id:matatabi_ux:20171106222051p:plain

削除した後に UnityEditor の [HUX]-[Interface]-[HoloLens] のメニューを実行して MRDesignLab 用の GameObject を Hirarchy 上に追加します

f:id:matatabi_ux:20171106224013p:plain

さらに BoundingBox を表示する範囲を指定するため、サーバルちゃんモデルの Surval オブジェクト配下に Cube を追加し、名前を BoundsArea に変更します

f:id:matatabi_ux:20171106224658p:plain

この BoundsArea は範囲指定用なので透明にするため、透明になる Material を追加します

Assets 直下で右クリックメニューから [Create]-[Material] を選び、名前を BoundsArea にします

f:id:matatabi_ux:20171106225518p:plain

作った BoundsArea の Rendering Mode を Fade に、Albedo のカラーのアルファ値を 0 に指定し、Hierarchy 上の BoundsArea のオブジェクトにこの Material をドラッグドロップして適用します

f:id:matatabi_ux:20171106230333p:plain

透明になった Hierarchy 上の BoundsArea を選択し、スケールハンドルを操作して Bounding Box を表示する範囲にしたい大きさに合うように調整します

f:id:matatabi_ux:20171106230354p:plain

大きさを合わせたら、今度は位置も調整します

f:id:matatabi_ux:20171106230810p:plain

こんな感じに調整後、Assets/MRDesignLab/HUX/Scripts/Interaction/BoundingBoxTarget.cs を Hierarchy 上の Surval オブジェクトにドラッグドロップしてアタッチします

f:id:matatabi_ux:20171106231319p:plain

最後に Surval オブジェクトを選択し、アタッチされた Compound Button の「Fix now」ボタンを押下し、さらに Main colider と Main renderer に BoundsArea をドラッグドロップで指定します

f:id:matatabi_ux:20171106231814p:plain

これで実行してみると・・・

f:id:matatabi_ux:20171107080650p:plain

Bounding Box が Bounds Area の大きさにそって表示されました!