しっぽを追いかけて

ぐるぐるしながら考えています

Unity と猫の話題が中心   掲載内容は個人の私見であり、所属組織の見解ではありません

Unity で MMD のモデルを利用したい

※ これは 2017/09/15 MixedRealityToolkit-Unity for Unity 2017.1.1f1 時点の情報です

最新版では動作が異なる可能性がありますのでご注意ください

とりあえず HoloLens 用のプロジェクトの土台ができたので、今度は schwarz さんの制作された下記の MMD モデルをお借りして配置してみたいと思います

3d.nicovideo.jp

けものフレンズサーバルちゃんですね

さっそくリンク先のダウンロードボタンから zip ファイルをダウンロードしておきます

f:id:matatabi_ux:20170927204734p:plain

また、MMD モデルを Unity で扱えるようにするためのパッケージを下記 Nora さんのサイトからダウンロードします、

Stereoarts Homepage

f:id:matatabi_ux:20170927205323p:plain

zip 解凍後の MMD4Mecanim.unitypackage ファイルをダブルクリックで開いて Unity プロジェクトにインポートします

f:id:matatabi_ux:20170927210326p:plain

おもむろにインポート

f:id:matatabi_ux:20170927210514p:plain

次にダウンロードしておいた MMD モデルの zip を解凍して中身のディレクトリごと Assets 直下にドラッグドロップでコピーします

f:id:matatabi_ux:20170927211148p:plain

名前は Surval に変更しました

この Surval ディレクトリの中の .MMD4Mecanim ファイルを選択し、表示される内容に同意します

f:id:matatabi_ux:20170927211841p:plain

schwarz さんのサーバルちゃんモデルには利用規約がなかったのですが、おそらくけものフレンズプロジェクトの二次創作のガイドラインに準ずると思われます

けものフレンズって?内の二次創作に関するガイドライン

f:id:matatabi_ux:20170927212126p:plain

同意すると下記のような画面になるので、Process ボタンを押下します

f:id:matatabi_ux:20170927214615p:plain

コマンドプロンプトのウィンドウが開いて MMD から fbx の変換処理が走ります

処理が終わったらサーバルちゃんがプレハブ化されました!!

f:id:matatabi_ux:20170927214928p:plain

これを Hierarchy パネルに配置して GameObject の名前を Surval に変更

f:id:matatabi_ux:20170927215148p:plain

この通りサーバルちゃんのモデルが入りました!すご~い!

f:id:matatabi_ux:20170927222428g:plain

※そのままだと暗いのでいったん Directional light を追加しています