しっぽを追いかけて

ぐるぐるしながら考えています

Unity と猫の話題が中心   掲載内容は個人の私見であり、所属組織の見解ではありません

Blender でカーブを利用して額縁のフレームを作る

※ これは 2017/03/12 Blender ver.2.78c 時点の情報です

最新版では動作が異なる可能性がありますのでご注意ください

まだまだ可能性を秘めたカーブでモデリング

今回は立体的な額縁を作ってみます

f:id:matatabi_ux:20170726234336p:plain

必要なのは下記のような角ありカーブと四角形のカーブ

f:id:matatabi_ux:20170721223013p:plain

前回のフレンチクルーラーでも登場した角ありカーブをまず作ります

いつものように Shift+A キーからベジェ円カーブを追加し、TAB キーで編集モードに切り替えたあとに A キー全選択、W キーで細分化を2回行います

細分化したハンドルを1つおきに Shift+右クリック で選択してから S キーで縮小して一気に角ありカーブを作ります

f:id:matatabi_ux:20170721225219g:plain

次に四角のカーブですが、これもなんとベジェ円カーブから作ります

ベジェ円カーブを追加したら編集モードで V キーを押してベクトルを選択することでハンドルが直角になります

あとは角度や大きさを R キー、S キーからのドラッグで調整

最後に四角カーブのプロパティパネル、カーブのアイコンを選択後、「ジオメトリ」の中のベベルとして角ありカーブを選択すると・・・ポンっと額縁フレームができました!

サクサクカーブモデリングは楽しいですね