読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しっぽを追いかけて

ぐるぐるしながら考えています

Unity と猫の話題が中心   掲載内容は個人の私見であり、所属組織の見解ではありません

HoloToolkit を Unity 5.5 版に移行(視線追従カーソルの表示)

HoloLens Unity VR Windows 10 Windows ランタイムアプリ

※ これは 2016/12/11 Windows 10 Anniversary Edition(10.0; Build 14393)、Unity ver.5.5.0f3(Windows版) 時点の情報です

最新版では動作が異なる可能性がありますのでご注意ください

前回 はとりあえず HoloToolkit を Unity 5.5 版にアップデートしてみました

色々と変更があったらしく、残念ながら今まで作っていたサンプルはそのままでは移行できなかったようなので、最新版に合うように移行修正をしていきたいと思います

とりあえず今回は下記の記事でやっていた視線追従カーソルの表示から手を付けます

UnityEditor の Hierarchy ビューを見ると Cursor の Prefab が「Missing Prefab」となって参照できなくなっていたのでこちらを修正します

f:id:matatabi_ux:20161217202145p:plain

Project ビューから Assets/HoloToolkit/Input/Prefab/Cursor にある Cursor の Prefab をマウスでつかんで Hierarchy ビューにドロップ

f:id:matatabi_ux:20161217201525p:plain

新たに Cursor を Hierarchy に追加したので、「Missing Prefab」となっていた GameObject は削除してしまいます

それにしても・・・なんかカーソルの種類が増えているようですね!

次に Hierarchy ビュー上の「Managers」を選択し、Inspector ビューの中でこれまた「Missing」となっていた Script を設定しなおし

Missing Script の右の〇を選択して、表示される Script の一覧から「Input Manager」を選択します

f:id:matatabi_ux:20161217202229p:plain

さてこれで実行してみると・・・

f:id:matatabi_ux:20161217202254p:plain

とりあえずエラーなくカーソルが表示されるようになりました

HoloToolkit の設計が落ち着いたらもう一度使い方を確認した方がいいですかね?