読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しっぽを追いかけて

ぐるぐるしながら考えています

Unity と猫の話題が中心   掲載内容は個人の私見であり、所属組織の見解ではありません

【失敗】HoloLens エミュレーターで Surface Dial を使ってみたい

※ これは 2016/12/04 Windows 10 Anniversary Edition(10.0; Build 14393)、Unity ver.5.5.0f2(Windows版) 時点の情報です

最新版では動作が異なる可能性がありますのでご注意ください

Unity 5.5 が正式リリースして普通に HoloLens をサポートしましたね

blogs.unity3d.com

そこで、ちょっと前に作った Surface Dial 用の Unity UWP アプリを HoloLens エミュレーターで動かしてみようと思います

Unity に参照させる Plugin の WinRT ライブラリと Unity からエクスポートしたプロジェクトの OS ターゲットバージョン、最低バージョンをともに最新の 14393 に合わせます

f:id:matatabi_ux:20161204181648p:plain

これで、Surface Dial 用の API が使えるようになるはずだ!と思い HoloLens エミュレーターで実行!

f:id:matatabi_ux:20161204181842p:plain

だがだめー!RadialController なんてクラスはないよ!と怒られました

・・・公式にも Surface Dial が HoloLens に互換性があるか明記されていなかったのですが、明確にできないという情報も見つけられず

実機だと大丈夫だとか、何か手順が抜けているとかいう可能性は?!

将来的に普通にサポートしそうな予感はしますが・・・