読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しっぽを追いかけて

ぐるぐるしながら考えています

Unity と猫の話題が中心   掲載内容は個人の私見であり、所属組織の見解ではありません

Windows 10 で不要なシステムファイルをきれいに削除する小技

Windows 10

Windows を 10 にアップグレード後、C ドライブに Windows.old というフォルダができているのをみたことがあるでしょうか

f:id:matatabi_ux:20150828234703p:plain

このフォルダは以前の Windows のシステムファイルのバックアップフォルダであるため、アップグレード直後は元の Windows に戻せるように残しておいた方がよいです

ただ、しばらくたってもう戻す必要がなくなったら削除したいということもあると思います

こういった不要なシステムファイルをきれいに削除する方法を紹介します


f:id:matatabi_ux:20150828235316p:plain

まずはディスプレイ右下の「Web と Windows を検索」と表示された入力欄をクリックして cleanmgr と入力、「ディスククリーンアップ」が検索にヒットするのでさらにこれを押下して起動します

f:id:matatabi_ux:20150828235611p:plain

ドライブの選択を求められたら、システムドライプ(既定では C ドライブ)を選択して「OK」ボタンを押下します

f:id:matatabi_ux:20150828235824p:plain

削除するファイルを選択するダイアログが表示されますが、さらにダイアログ下部の「システムファイルのクリーンアップ」ボタンを押下します

f:id:matatabi_ux:20150828235611p:plain

もう一度システムドライプ(既定では C ドライブ)を選択して「OK」ボタンを押下します

f:id:matatabi_ux:20150829000104p:plain

しばらくするとまた削除するファイルを選択するダイアログが表示されますが、今度は Windows.old フォルダ(「以前の Windows のインストール」と表示されます)など通常では削除できないようなシステムファイルなども選択できるようになります

自分でこういったシステムファイルなどを削除しようとしても「削除できませんでした」などのエラーでできないことがありますが、そういったファイルも不要になったら削除してディスクの空き容量を増やすことができるので覚えておいて損はないと思います