読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しっぽを追いかけて

ぐるぐるしながら考えています

Unity と猫の話題が中心   掲載内容は個人の私見であり、所属組織の見解ではありません

ベータ版 Prism for Windows Runtime を試してみたい

Visual Studio Windows Phone ユニバーサル Windows アプリ Windows ストアアプリ Windows ランタイムアプリ

ユニバーサル Windows アプリ用 Prism フレームワーク! - しっぽを追いかけて で紹介した Prism ベータ版でさっそくユニバーサル Windows アプリの動作を試してみました

まずはベータ版の Prism for Windows Runtime の準備から

下記のリンクから .nupkg をダウンロードして適当なフォルダに移します

patterns & practices: Prism for the Windows Runtime - Download Release File

今回は Visual Studio のドキュメントフォルダに「Packages」というフォルダを作ってそこに置いてみました

f:id:matatabi_ux:20140719192800p:plain

Visual Studio の [ツール]-[NuGet パッケージ マネージャー]-[パッケージ マネージャーの設定] を開きます

f:id:matatabi_ux:20140719193051p:plain

左ペインの [パッケージ ソース] を選択、右上の「+」ボタンでパッケージソースを追加し、適当な名前(ここでは「Local Packages」)をつけて先ほどの .nupkg ファイルを置いた場所を指定して更新し、「OK」で確定します

f:id:matatabi_ux:20140719193523p:plain

いつものように NuGet パッケージの管理ダイアログを開くと左ペインに追加したパッケージソースが増えているので選択すると、Prism MVVM がインストールできるようになっています

f:id:matatabi_ux:20140719194217p:plain

Windows 用、Windows Phone 用プロジェクトでインストールします

しかし、これだけでは動かない;最新版の Prism.StoreApps.dll、Prism.StoreApps.Phone.dll、Prism.StoreApps.Windows.dll が必要なのですが、NuGet では最新版が公開されていないので、Prism のサンプルプロジェクトである AdventureWorks のソースからビルドして持ってくる必要があるようです

下記のページの「Download」ボタンでダウンロードした Zip を解凍したら「Coverged」配下の AdventureWorksShopper.sln を開いて F6 でソリューションのビルド!

patterns & practices: Prism for the Windows Runtime - Source Code

f:id:matatabi_ux:20140719201918p:plain

ビルド後、Microsoft.Practices.Prism.StoreApps、Microsoft.Practices.Prism.StoreApps.Phone、Microsoft.Practices.Prism.StoreApps.Windows のプロジェクトの bin/Debug フォルダ配下にある下記のファイルをアプリの Shared プロジェクトにコピーします

今回は InfrastructureAssemblies フォルダに配置しました

f:id:matatabi_ux:20140719202854p:plain

Windows 用プロジェクトでは Microsoft.Practices.Prism.StoreApps.dll と Microsoft.Practices.Prism.StoreApps.Windows.dll、Windows Phone 用プロジェクトでは Microsoft.Practices.Prism.StoreApps.dll と Microsoft.Practices.Prism.StoreApps.Phone.dll を参照します

これで準備完了みたい

試しにかんたんなアプリを作って試してみると

f:id:matatabi_ux:20140719203713p:plain

Windows Phone でも無事動きました!